薬用育毛剤の『薬用』の意味は!

薬用育毛剤の『薬用』は、本来は医薬部外品のことを指すと思っていましたが、どうも違うみたいですね。医薬部外品として認められたものが『薬用〜』という商品名を付けていると思っていましたが、どうも違う感じです。『薬用』の言葉自体には、明確な決まりが無いみたいですね。そのため、何となく効果がありそうで、イメージがよくなる感じがするため『薬用〜』の名前を付けて販売しているケースもあるようです。マイナチュレも『女性向けの”無添加”薬用育毛剤』として販売していますが、医薬部外品ではなさそうですからね!中には、本当に医薬部外品の薬用育毛剤もあるのですが・・・イメージ的に『薬用』という言葉が付くと、効果がありそうと思ってしまいがちですね・・・
タグ:薬用育毛剤
posted by マイナチュレ at 12:18 | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒誕彩(バイハーLLA、セランジュX、エヴォリューション)の上手な使い方!

黒誕彩には、3つの種類(バイハーLLA、セランジュX、エヴォリューション)があります。実際に使いはじめるとしたら、どれから使うか悩むところですね。特に黒誕彩は、男性型脱毛症や女性のびまん性脱毛症に効果があるといわれています。

なお一般的に黒誕彩を初めて使うなら桑白皮エキスを高配合したバイハーがいいみたいです。この桑白皮エキスというのは、乱れたヘアサイクルを正常な状態に戻す効果があるそうです。

またセランジュXに配合されている柿葉エキスは、毛包細胞を増殖する作用があるそうです。また同じく配合されているフィテステロールには、男性ホルモンを抑制する作用があるそうです。

最後にエボリューションに含まれているは桐葉エキスには、ヒト毛包細胞の増殖効果が認められているそうです。

そのため黒誕彩を使う順番としたら、バイハー→エヴォリューション→セランジュXの順番がいいらしいですね。そもそも黒誕彩に3つの育毛剤がある理由は、一定期間使うことで頭皮が育毛剤に慣れてしまい効果が実感できなくなることを防ぐためです。そのため効果が実感できているなら、無理して変更する必要も無いみたいですね。もし育毛剤を切り替えていくとしたら、半年から1年ぐらいで切り替えていくといいみたいです。
posted by マイナチュレ at 20:45 | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒誕彩は病院でも使われている薬用育毛剤!

育毛剤『黒誕彩シリーズ』黒誕彩(こくたんさい)と呼ばれる薬用育毛剤をご存知ですか?ちょっと聞きなれない名前の育毛剤ですが、実は医師が開発をして国立病院をはじめとした様々な病院で使われているのだそうです。なお日本医学育毛協会も推薦している薬用育毛剤だそうです。

この黒誕彩ですが、3種類の薬用育毛剤とシャンプーを加えた4つの製品シリーズの総称になります。なお薬用育毛剤の黒誕彩シリーズは、バイハー・セランジュ・エヴォリューションの3種類があり、価格は1万3000円〜1万5000円と少し高い値段設定になっています。

これらの育毛剤の成分は、桐の葉エキス・桑白皮エキス・柿葉エキスが使われており、男性型脱毛症や女性の『びまん性脱毛症』などに効果があるそうです。

この黒誕彩を体験したからの感想を探してみると、効果があるような感じですが、まだ実感できるレベルではない感じです。ただ抜け毛は減ったという体験談はありました。

黒誕彩(バイハー)を使ってみましたが!


実は管理人も黒誕彩(バイハー)を購入して体験してみたのですが、そもそも育毛剤はある程度長く使わないと効果が現れてこない特徴があります。実は値段の高さもあり挫折しています。これだと正しい商品レビューはできないですね。

育毛剤や発毛剤は、せめて5000円程度ぐらいではないと続けられないかなというのが正直な気持ちでした。本当は、半年ぐらいは続けてみたいのですが・・・

なお体験談を読んでいると、女性の『びまん性脱毛症』には、よく効くような感じですね。

医師が開発し、国立病院でも使われている薬用育毛剤「黒誕彩」シリーズ
posted by マイナチュレ at 22:06 | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。